簡単!知ると選べる!! 楽しい食品添加物
かしこく健康になろう
食品

即座に分かる!危険な食品添加物から安全な漬物を選ぶ

美味しい漬物ならそれだけでご飯何杯でも…というぐらい昔からダントツでご飯のお供だった漬物。現在では食生活が豊かになり、バラエティに富んだおかずが選べるなか漬物はすっかり添え物の印象です。

それでも漬物にはバラエティに富んだ地域性と種類があり、それぞれ独自の塩気のある風味と米飯の相性の良さは日本人のDNAが求めてやまないのか、たまに無性に食べたくなるとスーパーで気軽に購入できます。

漬物はもともとは昔からあるものなので、材料は素材と塩を基本に非常にシンプルです。ですが残念ながら現在スーパーで売られている漬物は食品のなかでも特に食品添加物が多く使われています。

悲しいかな「昔ながらの」とか「おばあちゃんの味」などパッケージに書かれていますが、原材料をみれば昔は絶対存在していない食品添加物、おばあちゃんは絶対使わない食品添加物のオンパレードです。パッケージの文句はあくまでもイメージです!

イメージで無添加と思わないようにしましょう!「本当に?」と思いながらしっかり裏の原材料名を見て、安全な漬物を選びましょう。

減塩ブームが招いた危険な食品添加物だらけの漬物

減塩ブームで減塩=健康かのように何でもかんでも嫌塩する風潮があるなか、もっとも敵視されたのが漬物の塩分です。その結果、塩分控えめの代わりに食品添加物の保存料、風味がないので化学調味料、出せなくなった色を作る着色料が多く使われるようになりました。

塩の代わりに入れる食品添加物の一例

  • うまみ調味料{たんぱく加水分解物、調味料(アミノ酸等)}
  • 甘味料{ぶどう糖果糖液糖、ソルビトール}
  • 人工甘味料{アセスルファムK}
  • 保存料{ソルビンK}
  • 着色料{黄4、5赤102、106、カラメル色素}
  • 増粘剤{増粘多糖類(2種類以上の増粘剤が使われている場合)}
  • 香料

ギョッ!とする位ほとんどの用途の種類の食品添加物が使われています。驚きですね。食品添加物は人体への影響は当面はない安全な量で使用されています。

けれど大量摂取では危険なものを数年の動物実験のみで食品添加物の蓄積性や遺伝性、添加物の相乗作用については調査されておらず、そういうものを信頼できるのでしょうか?

今や「適塩」の時代!塩は体の大事な味方です

極端な減塩で必要最低限の塩分不足で逆に体調不良を引き起こす場合もあり、今では適切な塩分をとる「適塩」という言葉が言われるようになりました。

よく高血圧の原因は塩だと言われ減塩に取り組む方が多いようですが塩で高血圧になる人とならない人がおり必ずしも塩が原因ではないことが明らかになりました。

塩分不足の具体的なもで塩は陰陽でいう陽で体を温める作用があり不足すると冷え性になりやすいことが挙げられます。

また五大栄養素の一つミネラル不足にもなります。塩には人が生きるのに欠かせないカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛が含まれています。

ちなみに精製された塩化ナトリウムのみ、いわゆる「食塩」はミネラルは含まれていません。ミネラルを含む「自然塩」「天然塩」と呼ばれるものがベターです。

ゆるく離れるのがコツ!安全な漬物を選ぶには

知りたくないけど知ってしまった食品添加物の真実。なぜ知りたくないのでしょうか?知ってしまうと買い物が面倒になるからで完全食品添加物フリーをスーパーマーケットで実現するのは不可能です。それが知りたくないけど知ってしまった人のストレスの正体です。

…確かに危険を知りながら食べるのはストレスです。それならいっそ知らない方が良かったと思うかもしれません。

それでも健康のために運動したり、サプリを飲むならスーパーマーケットでの一瞬の比較と選択が同様に健康のための行為に充分なるのではないでしょうか。

体にはお通じがあるようにもともと備わっているデトックス機能があるのと、食品添加物が皆無な商品がスーパーなくても、比べてより食品添加物控えめをチョイスするのが賢明でしょう。

食品添加物が少ないほど漬物本来の原材料に近づきますね。「食品添加物が少な目を選ぶ」これが安全な漬物を選ぶコツです。

究極の安全な漬物は簡単に自分で漬ける

と書いたら、早速スーパーマーケットで「浅漬けの素」で作ってみましたという方がいらっしゃいました。「浅漬けの素」の原材料見てください!食品添加物の漬物と同じものがいっぱい書かれています。素は使わずお願いします。

ぬか漬けなら最近では買ったその日から漬けれるぬか床パックやぬか床を毎日かき混ぜず週1回でOKなぬか床がありとても気軽に始めやすくなっています。

浅漬けなら袋に適当に切ったキュウリと塩昆布、お好みでゴマ油やゴマを入れて揉んで30分置くとできます。

以上は一例ですがネットには簡単自家製の漬物レシピがたくさんあります。まずは材料をわざわざ揃えなくても家にあるものでできるレシピで始めるのがおススメです。

行き場を失ったり、余ってしまっり、買いすぎたりしたどんな野菜でもほとんど漬物になれるので、見たこともないけど意外と食べれるぬか漬けをあなたが発明するかもしれません。

ぜひ気楽に試してみてくださいね。

今回の要点

  • 減塩の代わりに食品添加物が多用されるようになった
  • 極端な減塩も体によくない
  • 比べて「食品添加物少な目」のチョイスがポイント
  • 漬物は意外と簡単に自分で作れる