簡単!知ると選べる!! 楽しい食品添加物
かしこく健康になろう
食品

すぐわかる!清涼飲料水に使われる危険な食品成分の異性化糖を見抜く

オフィスで1本、鞄に1本、コンビニで1本、あなたの生活シーンに必ずありませんか?ペットボトルの清涼飲料水。炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンクなど各メーカーから多種様々な商品があります。

ミネラルウォーターやお茶以外のほぼ全部の清涼飲料水に必ず甘味があります。今回は甘味に注目です。前回カロリーオフの甘味についてご紹介しましたが、もう一つのポイント、知りたくなかったけど知らないとコワい「異性化糖」をご紹介します。

CMなどのイメージに惑わされずに、本当にヘルシーなものを見抜いて元気に水分補給しましょう!

清涼飲料水に入っている異性化糖とは

カロリーオフにさせる正体の人工甘味料を以前に紹介しました。異性化糖は食品添加物ではなく、天然資源から精製される甘味料の一つで砂糖やはちみつ等と同じ天然甘味料になります。別名コーンシロップとも呼ばれます。

まずとうもろこしのでんぷんを分解してブドウ糖だけにします。さらにそれを酵素で果糖へと変換しブドウ糖と果糖の混合液にし、これを異性化液糖とよびます。果糖の比率によって分類されます。

ぶどう糖液糖:果糖含有率50%未満
果糖ブドウ糖液糖:果糖含有率50%以上90%
高果糖液糖:果糖含有率90%以上

果糖は低温で甘さを強く感じるのと、砂糖より安価で液体なので加工食品に利用しやすい利点があります。

危険な食品成分の異性化糖と糖尿病&肥満

異性化糖のなかの果糖とブドウ糖はそれぞれ分子が一つの単糖のため糖の吸収が早く糖の性質に特徴があります。

ブドウ糖(グルコース)は小腸で吸収され血中に入り全身でエネルギーとして利用され、余分が中性脂肪となり蓄積されまます。血糖値が上がりインスリン分泌され満足感を得られます。

果糖(フルクトース)は肝臓で処理され、余分が脂肪となり蓄積されます。血糖値を上げないので満足感が得られないため過剰摂取しやすくなります。

この2つの性質により異性化糖は過剰摂取しやすくかつ高血糖の状態になりやすいものなのです。異性化糖の清涼飲料水を飲み続けて高血糖値が続き、血糖値を下げる作用のインスリンが効かなくなる糖尿病が小学生にも蔓延している要因の一つとなっています。

また過剰摂取しやすくなるので糖が余分になり肥満になりやすい傾向もあります。

私たちは普段、果物や野菜に含まれる自然な精製されていない果糖と、加工食品や清涼飲料水に含まれる精製された果糖を取り入れています。

自然な果糖には一緒に含まれる食物繊維などで吸収がゆるやかで血糖値が急上昇せず、また他のミネラルやビタミンもとれます。異性化糖は分解を必要としない単一分子のため糖のみで吸収が早く高血糖になりインスリンの分泌が多くなります。

果糖はできるだけ野菜や果物などの素材からとるようにしたいですね。

危険な食品成分の異性化糖が老化の原因AGEを増やす

肌や骨の老化の元凶AGE(終末糖化産物)はタンパク質と糖に熱が加わりできるもので、体に蓄積され細胞の機能低下、老化、各種疾患の原因になります。

ブドウ糖から作られるAGEと、果糖から作られるAGEがありますが、果糖から作られるAGEはブドウ糖の10倍糖化が早く、毒性があります。

果糖の害は肥満や糖尿病だけでなく、老化の要因でもあります。要チェックですね。

危険な食品成分異性化糖の原料とうもろこしが危ない

異性化糖が別名コーンシロップと呼ばれるように、原料はとうもろこしです。コーンシロップは米国産のとうもろこしのでんぷんのコーンスターチから作られ米国産はほぼ遺伝子組み換えです。

日本では遺伝子組み換え産物を原料で使用する場合は表示義務がありますが、タンパク質が製品中にない場合は表示しなくていいのでタンパク質がない異性化糖は原料に遺伝子組み換えが使われていても表示がありません。

表示義務の抜け道ですね。このため知らないあいだに、遺伝子組み換えを体に取り入れていることになります。

遺伝子組み換え産物の危険性は、安全性が確立されてるといいながも疑問が多く人体への悪影響はもちろん、生態系の破壊と独占企業による社会問題の根の深い問題があります。

個人的には原料の表示をみて{ブドウ糖液糖、果糖ブドウ糖液糖・高果糖液糖}があれば同じ種類の商品で砂糖が使用されているものを選んでいます。完全に排除しようとするとストレスになるのでできる限り、選べる範囲でしています。

清涼飲料水の他にも使われる異性化糖に注意

甘味があるすべての商品に異性化糖が使われている可能性は十分あります。シリアル、ジャム、パン、ヨーグルト、ケチャップ、アイスクリーム、お菓子等々安価で液体で使いやすい異性化糖の用途は広がるばかりです。

今回の要点

  • 異性化糖は砂糖より甘くてコスパが優れています
  • もっと欲しくさせる異性化糖がまねく肥満と糖尿病
  • 異性化糖は老化の原因AGEを作ります
  • 異性化糖の原料は表示されない遺伝子組み換えとうもろこしです
  • 異性化糖の用途は清涼飲料水以外の食品でも多数あります